基本方針

3K・5Kと言われ幾久しい建設業界。現在も慢性的人手不足・高齢化・後継者不足が続いている中、当被災地3県は復興需要が収束して、地域経済を下支えしていた公共工事が激減している。現下、中小建設業界にも働き方改革による完全週休2日制、時間短縮、生産性向上と、喫緊の課題は山積しており、真摯な対応が求められております。
所管官庁の国土交通省は、2023年度に中小規模を含めた全工事に対してBIM/CIM導入を完全実施するという発表をしたため、発注者機関と建設業者は一見畑違いに思える人材確保と育成の両方に喫緊の対応が迫られております。今後このトレンドが地方の発注機関にも波及することは必至ですが、中小建設業者はそのほとんどが対応できておりません。
そこで、当社はこの現状にいち早く着眼しました。ICT化・BIM/CIMモデリング・3Dスキャニングシステムを用いた解決策【建設DXソリューション】を提供するビジネスモデルを構築し、以下の基本方針実現を図ります。

  • 人材の育成確保
  • 財務環境の健全化
  • 先進技術の内製化
  • 受註環境の整備

 

 

行動目標

上記基本方針を受けて私たちはより具体的な行動目標を以下に掲げております。

  • 待遇改善(働き方改革)
  • i-Constructionの深化
  • 新卒採用
  • 信用力の上昇
  • 経営事項審査評点の向上
  • 売上総利益の20%堅持
  • 総合評点・工事評価点の向上
  • 内部留保と設備投資の充実